「1659 iシェアーズ米国リートETF」の分配金がすごい下がった!米国上場ETFを直接買った方がいいのかも

スポンサーリンク

次回の「1659 iシェアーズ米国リートETF」の分配金について発表がありました。

わかっていたというか、そりゃそうだろうなというか…

とにかく、めちゃくちゃ分配金が下がりました…

前回(昨年12月)の分配金は1口46円だったのに対して、次回(3月)の分配金は1口6円です…

「1659 iシェアーズ米国リートETF」の分配金がすごいことになってる!
2017年9月27日に設定された比較的新しいETFである「1659 iシェアーズ...

確かに前回の分配金は高かったので、その反動で次回の分配金が少なくなることは想定できましたし、本家本元のETFである「USRT iShares Core U.S. REIT ETF」の分配金情報を見ていたので、次回の分配金は少ないよなーと理解はしていました。

「1659 iシェアーズ米国リートETF」の構成銘柄は「USRT iShares Core U.S. REIT ETF」のみで、構成比率は99.96%となっています。(2019年2月21日現在)

とは言え、分配金は1口10円くらいかなと思っていたわけです。

というのも、「USRT iShares Core U.S. REIT ETF」の昨年9月の分配金が$1.271822で、おそらくこれが「1659 iシェアーズ米国リートETF」の12月の分配金の原資になっていたはずです。

そして「1659 iシェアーズ米国リートETF」の今年3月の分配金の原資になるであろう「USRT iShares Core U.S. REIT ETF」の昨年12月の分配金は$0.300893。

「USRT iShares Core U.S. REIT ETF」は昨年9月の分配金から4分の1程度下がっているわけなので、単純に「1659 iシェアーズ米国リートETF」も前回の分配金の4分の1程度まで下がるかな、と思っていたわけです。

ところが今回(2月12日)発表された収益分配のお知らせを見ると、1口6円になっているじゃありませんか…

8分の1近くまで分配金が落ち込んだわけで、そりゃ私の気持ちも落ち込んでしまいます…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

直接米国上場ETFを購入すべきなのか

「1659 iシェアーズ米国リートETF」は「USRT iShares Core U.S. REIT ETF」からの分配金で運営されているわけで、「USRT iShares Core U.S. REIT ETF」からの分配金から信託報酬諸々が引かれた上で、我々に分配金が配られます。

「1659 iシェアーズ米国リートETF」に限る話ではありませんが、やっぱり本家本元の米国上場のETFを購入した方がメリットは大きいですね…

米国株式など外国市場の商品を購入する際は、国内の株式等を購入するのに比べて売買手数料が高いですし(米国株式などは最低でも5ドルかかったりします)、米ドルへの両替手数料がかかることもネックではありますが、「USRT iShares Core U.S. REIT ETF」などの分配金と見比べてしまうと、直接米国市場で売買することも検討していくべきなのかと考えてしまいますね。