平成30年2月成績

2月はあっという間に終わりました!

さて、2月は5日6日の連続暴落により、一時はどうなることかと思いました。

しかし終わってみれば、株式市場は着実に回復してきていますね。

その一方で、海外の債券クラスとリートクラスは腰が重く、回復の兆しが見られません。(債券は仕方のない部分が大きいですが)

ただ個人的には、株式クラスの資産がメインなこともあって、株式市場が落ち着いてくれるのが第一希望ですので、この流れは歓迎です。

スポンサーリンク

2月の成績について

恐ろしいことに、全ての資産クラスの基準価額が下がりました!

これはブログを開始して以来始めてのことです。

やはり2月は下落が厳しかったです。

ただ、月途中の下落ピークに比べれば回復してくれています。

2月末時点は回復の途上であると信じています。

日本株は2月5、6日の下落が響いていることも当然ですが、決算発表でもずば抜けた銘柄がなかったために大幅にマイナスになっています。

決算発表前に購入した「3695 GMOリサーチ」のマイナスが結構痛いです。

それでもこの銘柄も株価を戻してきていますので、今は評価損を受け入れます。

先進国株式クラスは回復しつつあるものの、アメリカの利上げ懸念と円高も相まって回復しきれずにいます。

先進国債券・リートクラスはちょっと心配です。

1月から市場価格が下がり続けていますし、下げ止まる理由も見当たりませんので。

アメリカのインフレが進むのであればリートは買い時とも言えるのですが…

未来のことなんてわからないですからね。

新興国株式クラスも5、6日の下落から回復してきています。

ただこちらも回復途上なので、しっかり推移を見守りたいです。

オーストラリアドルとニュージーランドドルは下がりました。

これまたドカンと落ちました!

特にオーストラリアドルは昨年11月のボトムを超えての下落なので、少し心配です。

Jリートと新興国債券は健闘してくれましたが、力及ばず前月比マイナスでした…

基準価額の推移

iFree8資産バランスの2月末の実際の基準価額は11,499円、調整後の基準価額は10,582円となりました。

もーもーバランスファンドの基準価額が11,766円なので、その差は1,184円です。

iFree8資産バランスも基準価額を下げたとはいえ、下げ幅はもーもーバランスファンドの方が大きいです…

ここ最近はもーもーバランスファンドの調子がよかったので、この程度の下落で済んで良かったとポジティブに考えるようにしています。

スポンサーリンク

フォローする