平成29年9月 外貨クラスの成績

9月の外貨クラスの成績です。

9月の基準価額は13,498円となり、8月の基準価額12,171円から1,327円のプラスとなっています。

基準価額は1か月で大方回復しましたね!

オーストラリアドルは一時1ドル90円を超える場面もあり、まだまだオーストラリアドルは強く伸びそうな予感がします。

ニュージーランドドルは円安が進んだとはいえ、個人的にはあまり強さを感じない1か月でした。

なお、8月末時点でのそれぞれの基準価額は

  • スワップポイント込み:13,498円
  • スワップポイントなし:13,093円

となっています。

スポンサーリンク

9月末時点での投資状況

オーストラリアドル、ニュージーランドドルともに伸びた1か月でした。

その結果、両通貨ともに評価益が出ています。

ただ、このままでは安く買えないので、ちょっと複雑な気持ちです。

先月も書きましたが、もう少し平均取得単価を下げられたらと思っています。

9月の出来事と売買

9月はオーストラリアドル(AUD)、ニュージーランドドル(NZD)両通貨ともに購入しており、取得単価はそれぞれ次のとおりです。

  • AUD:取得単価88.270円
  • NZD:取得単価81.330円

両通貨とも9月の政策金利変更はありませんでした。

  • オーストラリアの政策金利:1.5%
  • ニュージーランドの政策金利:1.75%
スポンサーリンク

フォローする