平成29年11月 外貨クラスの成績

11月の外貨クラスの成績です。

11月の基準価額は10,660円となり、10月の基準価額11,562円から902円のマイナスとなっています。

11月はオーストラリアドルもニュージーランドドルもまた下がりましたね…

結果として評価損も大きくなってきていますが、愚直に積み立てていきたいと思います。

では基準価額の推移です。

スワッププイントを含めない場合の基準価額は10,000円にかなり近づいてきています…

まずいなぁと思う反面、スワップポイントのありがたさを感じます。

11月末時点でのそれぞれの基準価額は

  • スワップポイント込み:10,660円
  • スワップポイントなし:10,102円

となっています。

スポンサーリンク

11月末時点での投資状況

ついに2つの通貨共に評価損となっています。

ただ悪いことだけではなく、オーストラリアドルの平均取得単価は85円台に戻すことができましたし、ニュージーランドドルの平均取得単価も80円に近づいてきました。

とにかく平均取得単価を下げたいですね。

11月の出来事と売買

11月はオーストラリアドル(AUD)、ニュージーランドドル(NZD)両通貨ともに購入しており、取得単価はそれぞれ次のとおりです。

  • AUD:取得単価84.940円
  • NZD:取得単価76.720円

両通貨とも11月の政策金利変更はありませんでした。

  • オーストラリアの政策金利:1.5%
  • ニュージーランドの政策金利:1.75%
スポンサーリンク

フォローする