エリアクエスト 平成29年6月期決算

8月10日に「8912 エリアクエスト」の平成29年6月期の決算発表がありました。

個人的には十分立派な決算だったと思いますが、株価は下がってしまいましたね。

今期予想から考えると、今期は株価200円を目指せるんじゃないかと思いますので追加購入しておきました。

まだ下げるようならもう少し購入したいですね。

スポンサーリンク

順調な決算でした!

さて、今回の決算ですが、売上が前期比25.8%増の23億4,100万円、営業利益が前期比60.4%増の4億2,000万円となっています。

営業利益が前期比60%以上増加しているのはすごいですね!

ただしこれは固定資産としていた土地建物を販売用不動産として売却したことが大きいようです。

本当はこのあたりも詳しく確認したいのですが、この会社は単一セグメントなので推測するしかありません。

今期も不動産販売を継続するようですが、この会社はサブリース契約を主として成長していますので、メイン業務が疎かにならない程度に頑張ってもらいたいですね。

今期予想について

今期予想を確認しましょう。

第2四半期までに大半の営業利益を見込んでいますね。

これは第2四半期までに不動産販売の目処がついているということでしょう。

固定資産から販売用不動産に2億9,000万円程振り替えていますので、この部分が売上に加わるんでしょうね!

通期でみると、売上は26億円、営業利益は4億9,000万円を見込んでいます。順調な成長を想定していますね!

懸念もあります

既に書いたとおり、この会社はサブリース契約を主とするストック収入を増やすことで成長してきましたが、決算短信に気になることが書いていありました。

このような状況のもと、当社を取り巻く駅前店舗業界においては、企業の積極的な出店意欲が見られる一方で、不動産所有者の駅前店舗における強気姿勢により、サブリース獲得に苦戦する傾向が見られました。

好立地にあるビルオーナーの強気姿勢はわかりますが、これは今に始まったことではないでしょう。

もしかすると、相当苦戦していたのかもしれませんね…

ここは少し注意しながら今後の経過を見ていきたいです。

「8912 エリアクエスト」の決算確認記事

スポンサーリンク

フォローする