日経平均以上に新興株が被弾!先進国株式ETFも被弾!仏の心でやり過ごそう!

スポンサーリンク

昨日の株式市場もなかなかハードでしたね…

日経平均株価の前場は時間の経過とともに下落幅を縮めていったものの、後場に入るとまた一気に下落幅を広げる始末で、どうにもなりませんでした。

結果、391.43円安の21,115.43円(マイナス1.82%)でした。

対してマザーズは日経平均の下落率の倍のマイナス3.93%隣、終値は875.76円となっています。

当然私の保有株も被弾しまして、「3930 はてな」で得ていた評価益はほぼすっ飛んだ状況です。

 

日経平均以上にやられたのが先進国株式クラスのETFです。

「1655 iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF」は前日比マイナス3.06%の2,058円で終えていますし、「1657 iシェアーズ・コア MSCI先進国株 ETF」も前日比マイナス2.82%の1,961円になっています。

前日のNYダウが大きく下げていたので仕方ないと言えばそうなんですが、国内株式クラスと先進国株式クラスで資産の60%ありますので、ここが大きく値を下げるとかなり痛手です。

「評価損に慣れた」なんて余裕ぶっこいていた過去の自分をぶん殴りたいですね。

「8912 エリアクエスト 」の平成30年6月期決算を確認! 株主優待廃止も確認!
8月10日の場中に平成30年6月期の決算が発表されましたが、同時に発表された株主...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんな時は仏の心をもってやり過ごそう

株価に波があるのは仕方ないことです。

自身のポートフォリオが市場の波にのまれて崩れたとしても、リスクを取って投資をしているんだからそんな時もあると、改めて自分に言い聞かすまでのことです。

「株価が下落することなんて些細なことだ」と仏の心をもって市場と相対したいところです。

 

とは言え、昨日の株価下落の中でも殊更下がってしまった「8912 エリアクエスト 」は別です。

今月に入ってから下がりっぱなしの株価が、昨日さらに大きく下がりまして、前日比マイナス6.2%の121円が終値となっています。

先月末1株151円だったものが、たった半月で121円になった体たらくさに加え、141円で買い増しもしているものですから参ってしまいます。

腹が立ったので、株主優待でもらったクオカードで子供の絵本を買い、使い終わったクオカードをグニャングニャンに折り曲げて捨ててやったら少しスッキリしました。