「4642 オリジナル設計」の平成29年12月期の決算発表をチェック!

2月9日に発表されたオリジナル設計の平成29年12月期の決算を1か月ほど遅れましたが見ていきたいと思います。

ちなみに決算発表後の2月20日に「余剰金の配当に関するお知らせ」が発表され、前回の1株8円から今回は1株12円に配当金が増えることになりました!

「もっと出してよー」とは思うものの、嬉しいことには変わりありません!

とはいうものの、1月29日に業績予想と配当予想のお知らせが発表されていたので、サプライズがあったわけではありません。

スポンサーリンク

平成29年12月期の業績を確認!

さて、業績ですが、平成29年は素晴らしかったですね。

売上高は12%増の62億5,600万円、営業利益は77.8%増の10億1,200万円、経常利益は73.8%増の10億1,700万円、最終的な純利益は135.6%増の9億7,300万円と大幅に利益を伸ばしました。

純利益は繰延税金のために大幅に増えているので、この数字を鵜呑みにしないようにしましょう。

私は営業利益を重視しているので、あまり純利益は見ないんですよね。

平成29年12月期は第3・4四半期の利益が伸びた!

この企業は例年、第1・2四半期で利益を出して、第3・4四半期は利益が伸び悩みます。

しかし平成29年は違いました。

例年赤字が出る第3四半期も黒字を出すことができていましたし、第4四半期は例年の10倍くらいの利益が出ています。

これが今回の好決算の理由ですが、じゃあ第3・4四半期の利益が伸びた理由はと言われるとよくわかりません。

ただ、原価も販管費も低く抑えられていますので、業務効率の改善が寄与したのか、はたまた高採算の受注が多かったかだと思います。

会社側は生産性向上を常に考えているようなので、前者だと嬉しいですね!

平成30年度12月期はどう?

今期の業績予想は次のように発表されています。

売上高は微増、営業利益は約11%減との予測です。

ただ、それでも9億円の営業利益です。

前期が一気に伸びすぎたと考えれば、なんら問題ない、むしろ立派な予想だと思います。

また、この企業は業績予想を低めに見積もって、最終的に上方修正する傾向がありますので、そう考えると、前期と同様、営業利益10億円超も目指せる位置にいるのではないでしょうか。

ちなみに、純利益は税効果がなくなるため大幅減益も仕方がないです。

一時下がっていた株価もかなり戻ってきています。

このままなら、また1株1,000円を超えてくるのでは、と期待しています。

「4642 オリジナル設計」に関する記事

スポンサーリンク

フォローする