「3695 GMOリサーチ」の平成29年12月期の決算発表をチェック!

2月2日に決算発表のあった「3695 GMOリサーチ」ですが、私は1月末に購入しています。

まだ、ここがどんな会社なのかブログに書いていないのですが、まずは決算発表を確認したいと思います。

因みに私はこの銘柄を1月末に購入しており、平均取得単価は1株2,335円です。

そして先週末の終値は1株1,839円となっています。

決算発表後、株価は一気に下落し、大きな含み損を抱えています。

スポンサーリンク

平成29年12月期の業績を確認!

まずは平成29年12月期の売上高や利益等をみてみます。

売上高は3%増の31億8,500万円、営業利益は13.7%増の3億2,500万円、経常利益は15.1%増の3億2,100万円、最終的な純利益は167.7%増の2億700万円となっています。

単純に平成29年12月期だけで見れば悪くない決算です。

増収増益ですからね!

しかし、10-12月の四半期のみで見ると、あまり良いものとは言えませんでした。

10-12月の四半期単体では、売上高は8億1,300万円で、これは前年同期比マイナス0.9%ですし、営業利益は5,800万円で、前年同期比マイナス25.6%です。

売上は若干とはいえ減りましたし、営業利益に至っては大幅なマイナスです。

なんとか上半期の貯金によって増収増益になった感じです。

株価下落は今期予想に失望したから?

とはいえ結果として増収増益だったにも係わらず、株価を下げた原因は何なのか。

それは平成30年度の業績予想であると考えられます。

決算短信に記載された業績予想は下のとおりです。

売上高は9.8%増と見込んでいますが、それ以外の利益関係は平成29年12月期とほぼ同じと見込んでいます。

この銘柄は成長性が大きな魅力だったのですから、これはダメです。

当然株価は反応しますよね。

売上は増える予想なのに、なぜ利益が増えないの?

しかしGMOリサーチ社自体は、今期売上高が伸びると想定しています。

だったら、少なくとも営業利益くらいは伸びてもいいんじゃない?とか考えますよね。

今期利益が伸びない理由ですが、決算説明会資料に載っていました。

営業利益は上記影響及び、前年利益水準を維持する範囲で、今後の成長領域の海外への投資を強化

この会社の強みはアジアにもパネル(モニター会員)がいることで、アジア全域に及ぶ調査が可能であることです。

アジアのパネルを増加させることが、将来の利益に結びつくと考えているため、今期はパネル増加のために資金を使うということのようです。

昨年12月にはマレーシアに現地法人を作ったりもしていますし、今後は益々アジア展開を強化していくのでしょう。

これってこの企業を評価するのにプラスポイントじゃないですか?

ということで、成長が止まったわけではない(と思われる)ことから、株の保有は継続します。

むしろ平均取得単価を下げるために追加購入も検討したいですね!

スポンサーリンク

フォローする