インヴィンシブル投資法人から第30期資産運用報告書が届きました

先週の21日、「8963 インヴィンシブル投資法人」から第30期の資産運用報告書が届きました。

最近までJリートクラスはETFしか購入していなかったので、Jリート投資法人から資産運用報告書を頂くのは初めてです。

80ページ近い厚みのある報告書で、Jリート投資法人の運用報告書ってこんなにしっかりしているのかと嬉しくなっています。

新規取得物件の詳細や運用経過・実績、資金の借入状況なんかが載っているんですね!

特に資金の借入状況なんかは面白くて、無担保・無保証でこんなに低い利率で借りられるのかと驚いて見ていました。

他の投資法人の資産運用報告書もインヴィンシブル投資法人と同様に情報が詰め込まれているのであれば、これは届くのが待ち遠しくなりますね!

スポンサーリンク

ケイマン諸島のホテル出資について

「8963 インヴィンシブル投資法人」は、ケイマン諸島のホテルを匿名組合出資を通じて取得すると発表した7月以降、投資口価格がズルズルと下がっているんですよね。

確かに「匿名組合出資」なんて言葉が載っていると、何だか怪しい投資先なんじゃないかと穿って見てしまいますね…

海外資産への出資、あまり馴染みのないケイマン諸島のホテルへの出資であったことが影響したのでしょうか、投資口価格の下落原因はわかりませんが、資産運用報告書は海外不動産投資についてのQ&Aからスタートしています。

その後も、ケイマン諸島の取得先ホテルの説明やケイマン諸島の情報を載せていて、投資主の不安を払拭したいという気持ちが伝わってきます。

個人的には、いつかケイマン諸島に観光に行きたいと思っているので、インヴィンシブル投資法人を通してケイマン諸島を知りたいと共に、めちゃくちゃお得な価格で宿泊できる優待を出してくれることを期待しています!(インヴィンシブル投資法人は10口以上の保有で優待価格で宿泊できる優待制度があります。)

分配金は成長中、ただ気になることも…

Jリートに投資する目的は分配金ですよね!

今回は1口当たり1,430円の分配金となりました。

第28期の分配金は1,243円だったので、15%くらい増えているんですね!

ただ、第30期は配当可能利益76億円の90%を分配金とし、7億5,000万円ほどを内部留保しているんですね。

インヴィンシブル投資法人は今まであまり内部留保をしていないようなので、なおさら気になります。

内部留保をする理由があると思いますので、そのあたりを資産運用報告書にも載せてくれればいいのにと思ってしまいますね。

新規物件取得に結構お金が必要そうですし、そのあたりが原因なんでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする