私のように資金が少ない人こそ、資金が少ないうちから株式投資をするべきなんです

資金が少ないと株式で利益は得られないのでしょうか。

最近ネットでは、種銭が少ないと株では勝てないとか、株は金持ちが更に金持ちになるためのものだとか、そんな話が結構出てきます。

確かに資金が少ないと利益を得るのは難しいんですよね。

例えば「7974 任天堂」なんかは最低売買代金が400万円以上します。

買いたいと思ってもなかなか手が出ませんよね。(一応、ミニ株という制度もありますが…)

任天堂は別としても、最低売買代金が20万円代とか50万円代とかする銘柄がザラにありますので、いざ欲しい銘柄があっても手が出ないかもしれません。

かくいう私も欲しい銘柄が結構あるのですが、国内株式に回せる資金では買うことができない銘柄ばっかりです。

これ結構きついんですよね。

しかもそういう銘柄に限ってどんどん株価を騰げていって、尚更手が出なくなったりします。

こういう経験をすると、資金力の無さが株式市場では大きな足かせになることを痛感させられます。

スポンサーリンク

資金10万円以下から始めたっていいじゃないですか

ただ、資金力がなくても株式市場に参加できないわけではありません。

私が保有する「8912 エリアクエスト」は最低売買代金が15,000円程度です。

「8922 日本アセットマーケティング」に至っては12,000円程度です。(こちらはオススメはしません。)

投資できるたくさん銘柄はありますよ!

資金が少ないと最低売買代金の大きい銘柄には手がでませんので、自ずと最低売買代金の少ない銘柄を探します。

国内3,800銘柄以上ある中から探すより、例えば10万円以下で買える銘柄から探す方が投資を始めたばかりの方には勉強になると思います。

自然と条件を設定することになりますし、10万円以下で買える銘柄から魅力的な銘柄を探すってのはなかなかに銘柄選定力が付くと思います。(私はまだこの銘柄選定力が付いていないんですね…)

10万円以下の銘柄で、良い銘柄を見極められるようになったら、10万円以上の銘柄からはもっと簡単に魅力的な銘柄が見つけられると思います。

ちなみに10万円以下で買える銘柄は1,100銘柄弱です。

株式投資を始めた当初は必ずと言って良いほど失敗を経験します。

最初から大金を投資に回して失敗したら泣くに泣けません。

少額から投資を始めて、失敗をしつつも、毎月少しずつ資金を追加していきませんか?

きっといつか嬉しい出来事が訪れるはずです。

…というか、もうそろそろ私にも嬉しい出来事が訪れて欲しいんです。(本音はこっちです。)

資金が少ないからこそ大切な資金をどの銘柄に投資するか相当に悩みますが、それが自分を成長させてくれると信じています。

スポンサーリンク

フォローする