新興国株の調子がいい!

ここ1年、私が購入している「1582 iシェアーズ エマージング株ETF」が右肩上がりの上昇をしています。

株価が騰がるのは嬉しいんですが、もっと買ってから騰がってほしかった!

スポンサーリンク

やっぱり新興国株は調子がいいみたいです

さて、エマージング株ETFは騰がっていますが、新興国株式クラス自体が騰がっているのか調べたことがなかったので、今回は新興国株式クラスの投資信託も合わせてチェックしてみました。

新興国株式クラスのインデックスファンドをみてみましたが、総じてここ1年は右肩上がりで基準価格が騰がっていて、この1年間で25%程度上昇しています。

やっぱり調子がいいんですね!

この調子はいつまで続くのでしょう

投資信託の基準価格をみていると、ちょうど1年前の2016年5月頃が基準価格の谷になっています。

さらに遡ると、約2年前の2015年の4・5月が基準価格の山になっています。(このときの価格は現在よりも高いんですね。)

2年前の2015年4・5月っていうと、日経平均も2万円を超えたりしていたハッピーな時期でしたよね!

そして日経平均もその後下がり、2016年の6月を谷として再度上昇基調にのりました。

あれ?日経平均と新興国インデックスって同じようなチャートを描いていませんか?

日本が新興国の株価に影響を与えることはないでしょうから、NYダウもみてみました。

NYダウは2015年5月を山として、その後2016年の5月くらいまで不安定なチャートを形成しています。

つまり、日本もそうですが、新興国株もアメリカのよい影響でこの1年調子がよかったんじゃないでしょうか。

アメリカの景気もいいし、ここはひとつリスクを取って新興国株にも投資をしてみよう!なんて感じで(機関)投資家が買い集めている、いわゆるリスク・オンの状態でしょうか。

ということは、アメリカの景気が不安定にならない限り、新興国株はまだまだ騰がると考えてもいいですね!(とか何とか言っていると下がってきちゃうのが株なんですよね…怖い…)

ということで、まずは2015年の基準価格を超えてくることを念頭に(私はETFですが)投資していきます!

スポンサーリンク

フォローする